忍者ブログ
こちらでの更新は終了いたしました。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11月17(土)、18(日)と、京都芸術センター(旧 明倫小学校)
にて、いろいろ催し物があります。

毎月、17日は南観音山は、町会所にてお囃子の練習をしてるんですが、
ちょうど、「まちなかを歩く」日と重なり、北観音山さんや菊水鉾さんでも、お囃

子をされるので、お祭り期間中の雰囲気が味わえるかも。

ちなみに、芸術センターでは放下鉾さんの祇園囃子演奏もあるようです。

詳細は、下記チラシをご覧ください。


 

 

 


 

 

ブログランキングに参加してます。いつも応援いただきありがとうございます
祇園祭ブログの励みになりますので、良ければクリックしてください。



 

 
PR
祇園祭の山鉾のうち、「伯牙山」と「黒主山」の美術工芸品を
集めた「祇園祭・錺(かざり)職人の技展」が18日から、
中京区室町通蛸薬師下ルの京都芸術センターで始まったそうです。

伯牙山と黒主山の工芸展
  詳しくはこちらから

 伯牙山のチョウ、黒主山のサクラと、その文様が両山を特徴づける
角飾(すみかざり)金具などが並び、粋を極めた職人技が訪れた
市民を魅了していとのこと。

黒主山さんといえばサクラですからね。


26日まで(24日は閉室)。入場無料ですので、
どなたでもお気軽に。 写真撮影はNGかなぁ?


ちなんみに、過去には南観音山や月鉾なんかも展示しておりました。
八坂神社 七夕祭 


さてさて、いつもワンテンポ遅い記事ですが、
8月7日(月)、八坂神社では、旧暦の七夕祭りがありました。

060808a.jpg
短冊に願いを書いて、舞殿の脇に多数かけられた
笹に、皆さん、いろいろ書いて、つるされてました。

060808b.jpg
私も、ちゃんと書いときました。


で、八坂神社婦人会の知り合いの方から、子供さんに絵を書いて
もらってくださいとのことで、うちの子供が描いた絵を飾って
もらったりもしてるようで、見に行ったりすると、それはもう、
いろいろな絵がありました。 テーマはなく、何でも好きなもん
書いていいとのことだったんですが、やはり土地柄、季節柄、
夏をイメージした絵が多かったんですが、祇園祭をテーマにした
子供も多く、いくつか紹介させてもらいます。

特にコメントは書いてないですが、みんな、本当に上手で、
祇園祭が好きなんだなぁって、感動しました。


060808u.jpg 060808d.jpg 060808e.jpg


060808f.jpg 060808g.jpg 060808h.jpg


060808i.jpg 060808j.jpg 060808k.jpg


060808l.jpg 060808m.jpg 060808n.jpg


060808o.jpg 060808p.jpg 060808q.jpg


060808r.jpg 060808s.jpg 060808t.jpg


060808v.jpg





個人的に会心の一撃だったのが、この1枚。
060808c.jpg
ドラクエ好きな私のために書いてくださったのかと思いました・・・・。


 

 

ブログランキングに参加してます。  →  いつも応援いただきありがとうございます
祇園祭ブログの励みになりますので、良ければクリックしてください。



 
第15回 明倫夜話の座です。


今回は、鯉山さんです。
とても珍しい鯉山の「胴掛」の秘密など、お話し頂けるようです。



日時: 平成18年4月19日(水)午後7時〜9時


講師: (財)鯉山保存会 山本理事長
    「鯉山誌」編集委員・まつり研究をしておられる島田崇志さん

場所: 京都芸術センター
     京都市中京区室町通錦小路上がる

     三階ミーティングルーム
     (エレベーター三階を降りてすぐの部屋です)

最寄り駅:阪急電鉄京都線    烏丸駅
     京都市営地下鉄烏丸線 四条駅

入場無料


バックナンバーをこちらからごらんいただけます。
南観音山の見送り、「龍王渡海図」や、うちわ絵で、
お世話になっていた、加山又造画伯の全版画展が、
2006年3月8日(水)〜20日(月)まで、大丸神戸にて、開催されます。

060219a.jpg

2005年の9月に、京都大丸にて開催されてましたが、
大丸神戸に於いても、開催されるようです。



華麗なる美の世界 加山又造 展

期間 2006年3月8日(水)〜20日(月)
場所 大丸ミュージアムKOBE[大丸神戸店9階] (会間中無休)
入場時間 10時〜19時30分(20時閉場) ※最終日は16時30分まで(1フ時閉場)

主催 神戸新聞社
協力 多摩美術大学

入場料(税込〉 一般800(600)円/大高生600(400)円/中学生以下無料
         ※()内は前売り・団体(10名様以上)料金
およびDAIMARU CARD、大丸ホイントカード、
大丸エクセルカード、友の会カード、ブライダル会ほ証をお持ちの方。


060219b.jpg
下記、チラシの裏の内容です。

●昭和20年代後半、日本画革新の若き旗手として画壇に登場した加山又造。
動物をモチーフに、現代社会に生きる人間の不安な状況を鋭く暗示する彼の作品に、
人々は新しい日本画の誕生を予感しました。尖鋭な動物画と、
日本の古典につながる華麗な装飾美の世界を展開させた加山又造の芸術は、
その後昭和40年代末から線描の美しさを追求した裸婦像を、また50年代から
は北宋院体の山水画に学んだ水墨表現を志向するなど、主題を変遷させながら
多彩に発展。その作品は常に日本画壇に問題を提起し、大きな影響を与えてきました。

●旧来の伝統のままに停滞することを嫌い、現代人の感性に合った
今日の美を追求した加山又造の活動は、絵画や版画にとどまらず、
京都・天龍寺の天井画やジュエリーのデザイン、さらにはジャンボ・ジェットの
内外装飾など多岐にわたります、これらの業績により平成9年に文化功労賞に顕彰され、
平成15年には文化勲章を受章しました。

●加山又造の三回忌を機に開催される本展では、初期の作品から、華麗な琳派風作品や裸婦像、
山水画に加え、版画、陶芸作品や着物などを一堂に展観し、加山芸術の輝かしい足跡を辿ります。
鋭く繊細な感性と強籾な造形力から創造された作品群をぜひご鑑賞ください。


う〜ん、あまり神戸に行く機会がないので、新空港を見学がてら行ってみようかなぁ・・・。
HOMENext ≫
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31



プロフィール


管理人:つぼぃまさぉ
公益財団法人
南観音山保存会
囃子方

10歳の時、囃子方に入会。
20歳頃で、太鼓方へ昇格。
笛も同じく練習。

  サイトポリシーはこちら

カウンター&ランキング
最新コメント
[07/12 環境大学新聞]
[11/12 kawai]
[07/15 まどか]
[07/14 kengo]
[07/07 土橋 伸強し]
リンク
■山鉾関連

祇園祭の正しい知識白楽天山保存会
京都・祇園祭 八幡山保存会
郭巨山公式ホームページ
六角会(北観音山)
六若(北観音山)

京都祇園祭 南観音山の一年
特集 岩戸山鉾
京都祇園祭 芦刈山
祇園祭 鯉山町衆
京都・祇園祭・橋弁慶山オフィシャルサイト
函谷鉾
大船鉾
綾傘鉾
閑中おのずから忙あり(綾傘鉾)
放下鉾



■祇園祭コンテンツのあるサイト

明倫ニュース
K's ToysBox
京都自然歳時記 花 鳥 風 木
keizu cube Gallery
京風お好み焼き 鉄板焼き喜の屋
定年おじさんの写真道楽
おたべ
京都・祇園祭 ボランティア21
祇園祭に行きたい!
ひろべいぺーじ (南観音山)
京都・日本・世界の最新パノラマムービー情報:QTVR Diary


■お祭りに関係したサイト

日野祭
全国だんじり祭発信基地
沼田祇園囃子保存会 祭吉連・おぎょんのページ
槻の屋神楽
わざをき通信
カルチャーデイト
ウェブタウン京都
京都新聞の観光情報
京都大事典
北山ユースホステル (YH)友の会
祭り・イベント情報の栞
京都学生祭典
祭り屋工房
ようこそ白河提灯祭りの笛へ
おこしやす京都 (読売新聞)
京都新聞 祇園祭2008





*。・☆ぽのこの京都ご利益ワンダーランド☆・。*
K's ToysBox
画BLOG (ガブログ) -"Kyo-to画"blog-
人気blogランキング
祇園祭2006・観て歩き。
コバやんの祇園祭レポート&雑記帳
St.KYOTO
おやじランナーの雑記帳
京都人ブログ2
京都人つれづれ日記帳
武直樹の熱く燃える生き方
うえ君のホームページ
東山雑記
つれづれなるままに、旅の足跡
KYOTO Lab
京都を歩くアルバム

Asian doll sequel.
京都 寺 匠の京ブログ ぶらり一人旅 京都 寺

八坂神社 動画で伝える京都観光!

リンク集、編集中です。



Copyright © [ 京都祇園祭 南観音山 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]